数字みてると眠くなる

1級ファイナンシャル・プランニング技能士。CFP。お金の知識をわかりやすく伝えることを目標に、記事を書いていきます。

ビットコイン どこまで上がる? 上げ相場

こんにちは。FPのみかりこです。

今、お金に関するホットな話題と言えば“ビットコイン”ではないでしょうか。なんと現在、ビットコインの価格は1BTC(Bitcoin)=150万円を超えています。なんだかよくわからないけど、すごいぞ!乗り遅れるな!みたいな機運があちらこちらで上がっているような気がします。

そこで今回は、皆が気になっているであろう、ビットコインについて探ってみたいと思います。

 

f:id:mikarico:20171207095018j:plain

ビットコインってなに?

ビットコイン=仮想通貨と訳されますが、たくさんある仮想通貨の一つで最も有名な仮想通貨です。では仮想通貨とはなんでしょう。仮想の通貨ということで、手に取ってみることはできません。言ってみれば、インターネット上のデータです。ビットコインの一番の特徴は特定の管理者がいないということです。日本円であれば、日本銀行が管理していますが、ビットコインは利用者全員で管理する仕組みになっています。そのため、世界中で使えて、その情報は全世界に公開されています。もちろん、暗号化されているため個人を特定することはできません。特定の管理者がいないということは、いい面を見れば、その管理者の背景や思惑が通貨の価値に影響することがなく、コストもかかりません。悪い面を見れば、何かあった時に誰も責任をとらないということです。どっちの面を見るかで評価は変わりますが、これらの仮想通貨が次世代通貨となっていくことは間違いなさそうです。

 

どんな仕組みになってるの?

利用者全員で管理するというのは、コンピューターネットワークを利用して分散して管理し、取引が正しく行われているかを利用者みんなで監督していることになります。この仕組みがブロックチェーンと呼ばれるもので、ブロックが情報の塊、チェーンがネットワークで繋がっているイメージです。このあたりの説明を始めると、数ページにわたりそうなので、概要だけに留めておきますが、「誰が誰にいくら送信した」(※実際は個人が特定される情報はなく、暗号化されたアドレスを使う)という情報が台帳(ブロック)に書き込まれ、それが承認されるとチェーンで世界に繋がるという仕組みです。つまりその情報は誰もが見ることができ、世界中に分散されているので、一部を改変して不正を行うというようなことができないようになっています。

 

特定の管理者がいないのに、滞りなくシステムが機能していることは不思議に思われますが、そこには皆が参加したくなるようなインセンティブがあります。ビットコインの話になると出てくる“マイニング”という言葉、これは、金の採掘に似ていることから付けられた言葉ですが、金の総量に限りがあるように、ビットコインの発行数にも限りがあります。※2140年までに2,100万BTC(Bitcoin)発行される

このビットコインを得るために、高性能なコンピューターを使って計算を行い、一番早く計算ができた者にビットコインが与えられます。この作業をマイニングと言い、この計算結果がブロックの承認となってチェーンが繋がるのです。現在(2017年12月7日時点)1BTCは158万円前後になっており、1ブロックを繋げることで得られる報酬は12.5BTC(4年ごとに半減するルールになっている)になるので、1,975万円になります。しかし、この計算バトルに勝つためには、大規模コンピューターとそれを動かすために多大な電力が必要なため、個人レベルではなかなか参戦できません。そこでクラウドマイニングなる、出資を募ってマイニング工場を作り、出資者は得られた報酬から配当金をもらうといったスタイルで参加ができるようになっています。

 

メリットとデメリットを簡潔に

 

メリット

1.送金の手数料が無料or格安。送金のスピードが早い。

直接お金を送ることができるため、仲介のマージンが発生しません。故に、海外へも10分程度で送金が可能です。

 

2.為替レートが必要ない。

ブットコインに国境はないので、どこの国でも同じように使うことができます。まだまだ発展途上ですが、ビットコイン建てで決済ができるお店が世界中で増えています。

 

3.匿名性が高い。

ビットコインのやり取りに関して、個人情報は紐付けられていないので、情報が洩れるというような概念がありません。そのため、第三者による不正がしにくく、安全性は高いと言えます。※これに関して問題がないわけではありませんが、ここでの説明は省きます。

 

デメリット

1.ビットコインが使える環境でないと意味がない

インターネット環境がなければ使えません。また、使えるお店も限られています。(これから急速に増えていくでしょうが)

 

2.何かあった時の保証がない。

管理者がいないということは、どこも責任をとらないということなので、管理も自己責任となります。

 

3.価値が安定していないため、投機的な側面がある。

ビットコイン誕生から現在までに1BTCの価値は凄まじく高騰していますが、2013年12月には1BTC=11万円だったものが、その2か月半後には1BTC=1.8万円になるなど、値動きが激しく、2017年だけでも16倍近い値上がりをしています。

 

投資としての魅力は?

デメリットで「投機的な側面がある」と書きましたが、ボラティリティ(値動き)が大きいことは、一方で投資として魅力があると言えるかもしれません。事実、今年だけでも10倍以上の値上がりをしています。個別の株でここまで短期間で値上がりするものはなかなかありません。そう思うと、こんなにいい投資はないように思いますが、企業のように業績といった裏打ちされた実態がない分、何かの拍子で暴落する可能性も十分あります。どんな投資でも“余剰資金でやる”の基本を守って、まずは少額から始めてみるといいかもしれません。取引所によって違いはありますがビットフライヤーであれば最低取引単位0.001BTCから買うことができますので、1000円あれば買うことができます。また、慣れてきたら、ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)にも投資してみるといいかもしれません。ビットコイン以上にこれから大きく成長する可能性を秘めた仮想通貨を初期の段階で見つけるというのも投資の楽しみになりますし、なにより分散投資になります。イーサリアムリップルライトコインモナーコインなどありますが、それぞれ、ビットコインとは違う特徴を持っていますので、比較して買うのもいいでしょう。

しかしここで気を付けなければならないことは、仮想通貨は発展途上である故に、デメリットで上げたような投機的な投資になりがちだということです。まるでレバレッジをかけたような値動きをします。大きく上昇する可能性があるということは、まったく0になってしまう可能性も同じようにあるということです。また、仮想通貨は一説によると2000近く存在すると言われています。その中には詐欺目的のものも多いようです。よくわからないものには手を出さないことです。

以上のことを頭に入れて無理のない範囲でやってみるのもいいかもしれませんね。