数字みてると眠くなる

1級ファイナンシャル・プランニング技能士。AFP。お金の知識をわかりやすく伝えることを目標に、記事を書いていきます。

手作り通園バッグを作って気づいたこと

来月から幼稚園に入園する娘のために、通園グッズなるものを手作りしたり、名札付けに翻弄したりする日々がやってきた。

既製品でもいいのだが、ほとんどのお母さんは手作りなんだろうと思うと、半ば強制的な感じで「作るか‥」となるわけだが、そうは言っても「たったひとつ」というものにも弱いのである。

まずは生地選び。

娘を生地屋さんに連れて行き、選ばせる。

最近じゃ、服も気に入ったのしか着てくれないので、本人に選ばせて、後で嫌とは言わせないという魂胆である。

ロイヤリティが加味されるのでキャラクターものの生地が一番高い。

案の定、娘はそのキャラクターものの生地を選んだ。

サンリオやディズニー、妖怪ウォッチはないだろうが、そのへんを選んだら即却下するつもりでいたが、微妙なかんじの「くまのがっこう」*1の絵柄を選ぶ。「ルルロロだーー!」*2と言ってきかなかったが。

まあ、かわいいからいいか、と購入。

その他持ち手のテープやら紐やらを買うと、もう既製品の値段を超えてしまうが、そういう問題ではなくなっている。

次に何十年ぶりのミシン。

使い方を完全に忘れている。上糸、下糸のセッティングで1時間以上経過。

ようやく縫えるようになると、それだけで感激しちゃってる自分。

ミシンってすごい!

なんつーー気持ち良さ。ガガガガガーーー!!!

おーおーー! 縫えてる。縫えてるぞーー!!

と試し縫いでひとしきり興奮した後で、すぐ本番。

ここからはランナーズハイならぬ、ミシンハイとでもいうか。

ものすごい集中力で一気に仕上げにかかる。

‥‥かに思えたが、娘に邪魔されて中断。

ここで3日くらい経過。

ようやく時間が空いて、やろうと思うのだが、もうすでに腰が重くなっている。

さあ、と気合を入れて取り掛かる。が、材料が足りないことに気づく。

翌日、材料を買いに行くが、今度はやる時間がない。

ここでまた2日ほど経過。

とにかく子供がいると細切れにしか時間が取れない上に、いつ中断されるかわからない恐怖。ここは娘が寝たあとにやるしかないわけだが、娘は夜なかなか寝てくれないので、結局夜中になってしまう。

夜中にミシンをかけていると、またまたミシンハイがやってくる。

もうなんでも作れる(気でいる)状態である。

いろんな小物を作ってネットで売ったりできるんじゃないか!

グッドアイデア

とか、もうひどい妄想である。

 で、できあがったバッグがこれである。

f:id:mikarico:20150308175401j:plain

洋裁が手馴れている人が作ったら1時間ちょいで作れそうな簡単なバックである。

それでも、自分で作りあげると嬉しいものだ。

そうか、、、手作りが嬉しいのは持った本人ではなく、自己満足に浸れる親のほうだと気づいたのでした。

 

*1:絵本「くまのがっこう」のキャラクター

*2:1と同じ作者のNHKで放送中のアニメ