数字みてると眠くなる

1級ファイナンシャル・プランニング技能士。CFP。お金の知識をわかりやすく伝えることを目標に、記事を書いていきます。

昭和育ちママの懐かしいおもちゃ。

先日、バンダイミュージアム(栃木県壬生町)に行ってきた。ガンダム好きにはたまらない場所なのかもしれないが、いろいろと中途半端でもったいないミュージアムだった。

ま、それはおいといて、昭和40年代生まれの私(女)が「おお~~!なつかしい~~!!」というおもちゃに対面したので、勝手に、私的に、ピックアップ。

ドンピシャな人しかわからなくてごめん‥。

f:id:mikarico:20150217113309j:plain

キャンディキャンディです。私の青春です♪

これはお風呂セットですね。右の白いのはミシン。

友達が持っていて、自分は買ってもらえなかったという代物です。

f:id:mikarico:20150217114257j:plain

私が買ってもらえたのはこれ↑。くるくるおたより

たぶん安かったんだろうな。

カーボン紙と版(絵柄)を使って印刷するというもので、普通にやると印刷が薄いので、ボール紙で厚くしてくるくるしてました。

キャンディキャンディはアメリカ、イギリスに対する憧れ、私の中にある白人コンプレックスの原点だったり、感性の形成においてかなり影響されています。

それにしてもキャンディってもて過ぎ。男キャラが結局みんなキャンディのこと好きだもんね。

 

次は、女の子のおもちゃの代名詞リカちゃん!(←今はどうなんだろ)

f:id:mikarico:20150217121750j:plain

 何代目リカちゃん、とかあるけれど、私が馴染んだりかちゃんは前髪ぱっつん前の、センター分けリカちゃんでした。足(靴)に磁石が着いていて、丸い台にくっつけて立たせるのだが、子供ながらに「これいらない」って思ってたら、そのうちなくなったようです。

当時からバービー人形もあったけど、ケバイしデカイし断然リカちゃんのがかわいかった。

友達に「りか」って名前の子がいて、羨ましかったな。

 

次はママレンジ

f:id:mikarico:20150217123155j:plain

実際にホットケーキが焼けるとか、子供心をくすぐるなんとも画期的なおもちゃ!

とはいえ、焼いて食べた記憶があまりない。ってことは、実際には持ってなかったのか(友達んちで遊んだ)あるいは本物を買ってもらえずパチモンだったのか‥。

なんにせよ、おもちゃで本物が作れるっていうのは、最高にわくわくしたものです。

 

他にもピンクレディグッズとか、いろいろ集めたなぁ。

f:id:mikarico:20150217124419j:plain

そうそう、最後に。

おもちゃの博物館と聞くと子供を連れて行かないと、、、となりますが、子供が遊べる場所ではなくて、おとなが懐かしがる場所だってことに行ってから気付きました。

子供は展示してあるおもちゃを見ても、たいして嬉しくありません。

最初にバンダイミュージアムが中途半端と言ったのはそこで、もう少し、遊ぶ体験が出来るといいのになぁ‥。

f:id:mikarico:20150217174656j:plain

 強いて言えば、魔女っ子メグちゃん世代。